e2b2df1892362decf90ff6b72b7ca02f

波長が合わない上司も十人十色!あなたが関わりたい度合いで関わり方を決めましょう!

※アフィリエイト広告を利用しています
※アフィリエイト広告を利用しています
人間関係

波長が合わない上司ってどこにでもいますよね。

あなたはそんな波長が合わない上司とどのように関わっていけば…と悩んでいるのではないでしょうか?

結論からお伝えしますと、

仲良くなりたい上司はよく観察してください。

ほどほどに距離をとりたい上司の話は一旦聞いてみましょう

離れたい上司の話は聞き流し、あまりにも波長が合わない場合には逃げてください

すべての上司と平等に関係を築こうと無理をすれば、ストレスがたまり、とても疲れてしまいます。

あなたの関わりたい度合いによって対応を変えることで、上司もあなたもストレスを軽減して関わることが出来ます

あなたがストレスをため込みすぎないために、少しでもためになる波長の合わない上司との関わり方3選をお伝えします。

【合わない上司のいる職場にお悩みのあなたへ】
リブズは、未経験OKのリモートワークの求人が豊富。物理的に苦手な人と離れられるので、人間関係の悩みから解放されて毎日、穏やかな気持ちで仕事ができる環境に導いてくれますよ♪リモートワーク以外の求人もあり、とりあえず求人を見てみたいという方にもおすすめです☆

\利用は完全無料!/
リブズの公式サイトはこちら

※面談は不要です。

スポンサーリンク

波長って何?

「波長が合わない」この言葉、私自身もよく使用していますし、あなたもよく聞く言葉だと思います。

しかし、実際のところ波長とはいったい何なのか、よくわかっていない部分もあったので調べたことを載せておきますね。

波長…①〔理〕(wave length)波動のすぐ隣り合った山と山と、または谷と谷との間のように、位相を等しくする2点間の距離。→波形

②(1が合わないと電波交信ができないことから)話をする際の互いの心の動き。

「彼とは―が合わない」

引用:広辞苑無料検索

今回は②の意味で話を進めていきます。

つまり「波長が合わない」とは、お互いの話をする際に心の動きがあっていないということになります!

確かに、同じ話をしていてあなたと同じ部分で盛り上がってくれる上司と同じ話をしていても、

あなたが盛り上がったと思う箇所で上司が盛り上がっていなければ、「あれっ?」と違和感を覚えたり、ヒヤッとしたりしますよね。

これこそが話をしているのに、互いの心の動きがあっていない、つまり波長が合わない、ということになりますね。

それではこの「波長が合わない」ということを踏まえて次に進んでいきましょう!

>>人間関係が楽になる働き方を見つける

波動が合わない上司の特徴

なんとなくこの上司と波長が合わない…

これって私だけ?なんてことありますよね。

あなたと同じように【上司と波長が合わない】と感じている同僚もいれば、逆にこの【上司とは波長が合う】という同僚もいますよね。

ここでは、職場の大半の人が「なんとなく波長が合わないな~と感じる上司の特徴」を解説します。

一緒にいると疲れる

波長の合わない上司の特徴1つ目は、一緒にいると疲れる上司です。

例えば、

  • 悪口ばかり
  • 意見を聞かない
  • 日によって態度や意見が変わる

このように思いやりにかけ、自分中心で物事を進める上司といると疲れるのは当然のこと。

しかし、上司と部下という切っても切れない関係があり、

関わりを辞めることはできないので、疲れる上司との関係はストレスでしかないですよね。

>>今すぐ人間関係に悩みにくい職場に転職する

コミュニケーションが合わない

波長が合わない上司の特徴2つ目は、コミュニケーションが合わないです。

例えば、常にマイナスの言葉を投げかける上司といると気持ちも上がりませんよね…

「もっと会話をしたい」と気持ちもそがれますし、一緒にいてもモチベーションも下がるばかり。

自然とコミュニケーションを避けてしまうので、お互いが、合わない人と意識する関係になり、溝も深まりやすいです。

価値観が違う

波長の合わない上司の特徴3つ目は、価値観が違うです。

例えば、

  • 楽しいと感じるポイントが違う
  • 仕事に対する向き合い方が違う

自分が大切にしている考えが、根本的に違うと感じると「この上司とは波長が合わない」と感じるでしょう。

>>一部リモート・フルリモートの働き方に出会える転職サイト【リブズ】

波長が合う上司・合わない上司が生まれるのは自然なこと

波長が合わない上司を簡単に言うと、「自分と合わない人」です。

人間関係において、「合う」「合わない」はあるので、波長が合わない上司が生まれるのは、ごく自然なことです。

波長合わない上司とは、いつまでたっても分かり合えなかったり、好きになれる要素が見つからないと悩む方も多いともいますが、

波長が合わないからと言って、心にブロックをかけてしまい、完全にシャットダウンしてしまうことはよくありません。

社会人として、仕事に支障が出ない程度に距離を置くのがベスト。

あなたのストレスにならない範囲で、

相手の違う部分も理解し、受け入れる努力をしたり、

相手の良いところにも目を向けたり、付き合い方の工夫をしてみましょう。

>>今すぐ嫌いな人がいない職場に転職する

波長が合わない上司の対処法【付き合いたい程度に合わせて解説!】

続いて、波長が合わない上司の対処法を付き合いたい程度に合わせて解説します。

アルバイト、パート、会社員…どんな職場でも会社という名の下で務めていると必ず上司という存在に出会います。

プライベートで遊ぶほど仲良くなる上司もいるでしょう。

しかし、同じ部署で同じ仕事を任されていて、話もできなくはないけど、なんとなく苦手な上司も現れることがありますよね?

なんとなくどころではない!

出来ればもうあの上司とは関わりたくない、という人もいるのではないでしょうか。

あなたが波長の合わない上司と今後どのように関わっていきたいかによって行動を変えてみると、あなたのために何かが変わります。

波長が合わない上司、だけど歩みよりたい上司

「いい人なのだけど、ちょっと何言っているのかわかりにくいな…」と感じる人いますよね。

私の周りにももちろんいました。

ここで私が何をしたかというと、その人を観察しました!

観察すると何が分かるか…それはその上司の癖です!

大変当たり前のことを大きい声で言ってしまいましたが、癖を理解できれば、どのような意図で話しているか、どんな気持ちで話しているかが分かります。

よくある癖が、

・主語を抜いて話す
・部署名なしで「○○さんの件」と名前だけで要件を伝えられる
・機嫌が悪いと早口になる
・仕事が溜まって忙しくなると足組をする
・プライベートなことを聞いてくる
・勝手に名前を呼び捨てにする …など

一部ではありますが、私の周りにはこのような癖の人がいました。

癖が分かれば付き合い方は、比較的簡単になっていきます。

その癖に合わせて、話を聞いたり質問をすると話がかみ合い、的を射た質問をしやすくなります。

私の職場にいた上司は、仕事はできる人でしたが、気が強くて質問をしても、

いつも「自分で考えて」という人で、

なんで教えてくれないんだろう、やはりこの上司とは波長が合わないのだ、と思っていました。

しかしあるとき、その上司を観察していると、いつもは普通に座ったり、足を組んだ座り方をしているのですが、椅子の上であぐらをかいていました。

変だな…と思い、胡坐をかいていないタイミングを見計らって、質問したところ、質問の回答を一緒に考えてくれました。

その後もよく観察していると、忙しい時や、考え事をしているときにあぐらをかくことが多いようでした。

そんなにうまくいくことばかりではないかもしれませんが、

その上司の癖を見つけたことで、少しだけ上司の波長に合わせることが出来たので、私も上司も嫌な思いをせずに済んだのです。

結果として、コミュニケーションをとりやすくなり、ストレスが少しでも軽減され、おまけに観察力もつくためこの方法はおススメです。

波長が合わない上司、だからほどほど距離をとりたい上司

「なぜだかこの人のことは苦手だ」そんな人も少なからずいると思います。

しかし、仕事をしている以上、どうしても一緒に仕事をして意見をだしたり話し合いをする機会があると思います。

一旦話を聴く」ということです。

もちろんストレスになることは多いかもしれません。

しかし上司というのですから、少なからずあなたより仕事ができる、仕事歴が長い等の上司である理由があるものです。

だから私は一旦話を聴いて、理不尽なことを言われていたとしても何か一つでも学ぶところがないか探します。

せっかく頑張って苦手な上司と話をするのだから、私のためになることを吸収しようとしていました。

それでも吸収するところもなく、理不尽なことばかりだったら…

「このような考え方の人もいるのだ」とあなたとは全く違う視点の話として聞いてみると、

少し面白い発見があるので、全く聞かないというよりは少し耳を傾けてみた方がいい気づきがあります。

なぜなら、私が仕事に行き詰っていた時に、波長の合わない上司に話しかけられたのですが、

はじめのうちは「この人とは波長が合わないから…」と話をあまり聞いていませんでした

しかし、ふとした瞬間によく話を聴いてみると、私とは異なる意見を教えてくれていたので、そのヒントをもとに行き詰っていたものが解決して、仕事を進めることが出来たからです。

そのため、波長が合わない上司だと思っていても、そこで私のように情報をシャットダウンしてしまうと自分の学びになるはずのことでも、聞き逃してしまうことがあります。

あなたの学びになるだけではなく、少しだけ波長の合わない上司のことが分かるので、

今までよりも少しだけ波長の合わない上司への苦手意識が軽減されて、一石二鳥ですよね!

近づかずに距離をとりつつも、その上司のことを少しだけ理解して、

あなたの知識(自分とは異なる視点)を取り入れることで、ただの苦手意識ではなく勉強の意識になれば、ちょっとだけ気持ちが軽くなる気がしませんか?

波長が合わない上司、どうしても離れたい上司

波長の合わない上司の中でもよく見たり聞いたりすることが多いのが、波長がどうしても合わない上司と関わりたくないが、どうすればいいか?という話です。

どうしても仕事上の関わりが不可欠であれば、必要最低限の会話に抑えて、後の雑談などは聞き流してしまいましょう

どんなにあなたが頑張っても攻撃的な話し方をする上司であったり、あなたの心に余裕のない時は上司の意見を聞き入れられないときもあると思います。

あなたのこころを守るために、聞き流しましょう。

もちろんただ聞き流すだけではただの失礼になってしまうと思います。

あとから考えることが出来るように、上司の話をメモすると、上司の目から見ても何も聞いていないという風には見えませんし、

あなたも書くことに集中しているので、思考は少し停止しているためあまり感情的になることがありません。

一時的にこころを守り、後からゆっくりと考えることで、思考もすっきりとします。

ただどうしても、本当にパワハラやモラハラだとあなたが感じていたら、継続的にこころが疲弊している場合は、部署移動や転職、休職やなどその場所から離れることもとても大切なことです。

私自身、どうしても会社の上司や先輩の話を聴いてもうまくいかず、なじめず、消えてしまいたいと思ったこともあります。

頑張って仕事を続けた結果、食欲がなくなり、声が出なくなり、仕事のことを考えると勝手に涙が出たり、仕事中に過呼吸を起こしたこともありますし、通勤の電車の中で倒れてしまうなんてこともありました。

逃げてもいいんです。

自分自身を傷つけてまで上司の言うことを聴く必要はないのです。

多少の我慢や意見を聞くことは大切ですが、無理をしすぎると私のように仕事に支障が出るような状態になってしまいます。

仕事を頑張るために波長の合わない上司に合わせたり、話を聴こうとしているのに、あなたが壊れてしまっては元も子もありません。

あなたのこころに素直になって、波長の合わない上司からの逃げ道を作りましょう

波長が合わない上司とは離れるのが一番!どうしても合わないなら転職もあり!

波長が合わない上司との悩みを解消したいあなたは、「転職」が一番、近道です。

波長が合わない上司と「うまく付き合えない自分が悪い」と自分を責める必要はありません。

それよりも、大きなストレスを我慢して、心身に影響が出てしまう方が問題です。

心身的なダメージを一度、受けてしまうと、今後の生活、転職活動にも影響してきます。

波長の合わない上司と付き合うことが大きなストレスになっているのであれば、あなたが快適に過ごせる環境へ転職しましょう。

ここで、おすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

全年代・リモートワーク求人豊富👉リブズ
20代・未経験OK→第二新卒エージェントneo

【20代】優良企業のみ紹介【第二新卒エージェントneo】

第二新卒エージェントneoで、紹介してもらえる求人は、エージェントが訪問済みの優良企業のみ

19歳〜29歳の方ならどなたでもご利用いただけます。

1人当たり平均10時間の手厚いサポートが人気で、

・離職率の低い会社を紹介してもらえた!
・社員を大切にしている会社に転職できた!

という口コミもあり、転職先に満足されている方が多いです。

今この瞬間にも、求人は減ったり増えたりしていますので、転職で人生を変えたいあなたは、今すぐチェックしてみてください。

>>第二新卒エージェントneo公式サイトはこちら

苦手な人と距離がとれる働き方【リブズ】

あなたが、どこに居ても人間関係に疲れやすいと感じる場合は、リモートワークという働き方を検討してみる方法もありますよ。

リモートワークであれば、相性が悪い人と自然と距離を取れるので、人間関係のストレスが大幅に減るメリットがあります。

例えばリブズなら、未経験OK、リモートワーク案件が豊富。

リモートワーク以外の求人もあり、職場で働いている人の雰囲気がわかりやすいので安心です。

✔苦手な人に気を遣わなくていい
✔人間関係の煩わしさに悩まなくていい

こういった言葉に少しでも気持ちが軽くなったあなたは、チェックしてみてくださいね。

\利用は完全無料!面談不要!/
リブズの公式サイトはこちら

【無料あり!】波長の合わない上司のお悩みを今すぐスッキリ解決したいあなたへ

テレビCMでもおなじみのココナラでは、いつでも電話(メール相談もあり)で悩みを聞いてもらえるサービスがあります。

相談内容は何でもOK。有資格のカウンセラーや様々な経験を持った方が、あなたの悩みを優しく受け止めてくれます。

誰かに打ち明けるだけでも、孤独感やストレスが浄化され、気分がスッキリしますよね。

「カウンセリングまでではないけれど、誰かに今すぐ話を聞いてもらいたい!」なんて時にもおすすめですよ。

今なら、初回特典の3000円無料クーポン利用で、最大30分無料で相談可能です。

初心者でもお試ししやすい無料特典があるうちに、気軽に活用してみてくださいね♪

>>3000円無料クーポンをもらって今すぐ悩みを相談してみる

まとめ

最後に今回の内容をまとめると…

波長の合わない上司といっても、様々な上司がいます。

そのさまざまな上司とどのように関わりたいかによって対応を変えていきましょう!

☆「波長」とは、話をする際の互いの心の動き。

動きが合ってないから違和感がある。

☆波長が合わなくても歩み寄りたい上司であれば、「観察」してみよう

→「癖」を見抜いてその上司にあった付き合いをしよう。

☆ほどほどに距離をとりたい上司であれば、「一旦話を聴く」をしてみましょう。

自分とは違う視点を持っているのかもしれません。

近づかなくても新しいことを発見ができるはずです!

☆離れたい上司であれば、「聞き流してメモをとる」をしてみましょう。

→それでもだめなら逃げも大切な選択肢のひとつです。

 

上司ではなくても、人間関係はどんなところにもあります。

波長が合わない上司との関わりの中で、少しでもこの記事があなたの役に立てたらうれしいです!

関連記事

コメント