e2b2df1892362decf90ff6b72b7ca02f

直接注意しない上司にスッキリしない!直接注意しない上司の心理と対処法

上司
  • 直接注意しない上司に悩んでいます。
  • 直接怒らず、他の社員に陰口のような形で言って、他の社員に注意させるので戸惑います
  • 直接言ってくればいいのに…

こういったお悩みに答えます。

人づたいに注意されることってありますよね。

「直接注意してくれれば、スッキリするのに…」

とお悩みのあなたに、この記事では、直接注意しない上司の心理と対処法についてお話しします。

結論から先にお話しすると、上司が直接注意しないのは、上司の性格が原因である場合が多いです。

なぜなら、直接注意することで、どう思われているかが気になるからです。

ちなみにこの記事を書いている私は、13年女性ばかりの職場で勤めてきました、10年は、美容部員を勤め、職場の女性から様々な相談を受けてきました。直接注意できない上司から相談されたことも。

この記事を読むことで、直接注意しない上司の心理が分かり、

気持ちがスッキリすると思いますので、ぜひ、最後まで読んでみてくだいね。

人間関係に疲れやすいと感じるあなたは、苦手な人と距離が取れるリモートワークを検討してみるのも◎
リブズなら、リモートワークの求人が豊富。物理的に苦手な人と離れられるので、人間関係の悩みから解放されて毎日、好きな空間で穏やかな気持ちで仕事ができる環境に導いてくれますよ♪
リブズの公式サイトはこちら
※利用は完全無料です

【直接注意しない上司に不信感】直接注意しない上司の心理とは?

会社によっては、上司から直接注意せず、教育担当から注意をさせるといった教育体制をとっている場合もありますよね。

ちなみに、私が勤めていた会社は、注意されるのはすべて、教育担当の先輩からでした。理由は、上司から注意されることで、精神的ダメージを受けてしまわないためでした。

そのような教育体制を取っていることを理解していたので、

上司から直接注意されない環境が当たり前ではありましたが、

本人の前で、聞こえるように指摘するけど、直接言わない…といったような

上司にモヤモヤを抱いてしまうような状況に遭遇したことはあります。

このように、直接注意をしない上司にはどのような心理が隠れているのでしょうか?

✔直接注意しない上司の心理

①他の社員の意見を聞きたい
②嫌われたくない・言いにくい
③トラブルを避けたい

⇒順番に説明します

直接注意しない上司の心理①他の社員の意見を聞きたい

直接注意しない上司の心理1つ目は、他の社員の意見を聞きたいです。

その理由には

自分が思っていることに対して、他の社員から見た意見も聞きたいのと、他の社員が共感してくれるなら、その社員に注意することを頼めるからです。

はなから、自分で注意するつもりではない場合が多いです。

職場でもスパッと言ってくれる人を探して、その人に相談する形で持ち掛けます。

直接注意しない上司の心理②嫌われたくない・言いにくい

直接注意しない上司の心理2つ目は、嫌われたくない・言いにくいです。

直接注意することで、嫌われることを恐れたり、言いにくい内容だった場合、面倒なことは他人に任せようとします。

気が弱く、厳しく指導することで、嫌われたくないという心理が隠れているのかも知れません。

直接注意しない上司の心理③トラブルを避けたい

直接注意しない上司の心理3つ目は、トラブルを避けたいです。

直接注意することで、

  • 仕事を辞めてしまう
  • 泣いてしまう
  • 休んでしまう

このようなトラブルを避けたいのかも知れません。

ちなみに私は、「伝え方がわからくて、相手を傷つけてしまうのが怖いという理由」で、指導をたのまれたことがあります。

注意の仕方で相手を傷つけてしまうのが怖いのか、面倒なのか、

両方の理由があるのかもしれませんが、

直接指導するのは避けたいけど、注意はしたいと思っている上司も結構います。

関連記事>>【体験談】実際にいた職場のずるい女6選と対処法 【ずるい人の悲しい末路】

直接注意しないのはその上司の指導方法の場合も

直接注意しないのは、その上司の指導方法という場合も。
今まで、

  • 言いにくいこと
  • 言いにくい人

に注意することは、他人に任せてきた場合もあります。

また、意地悪な性格で、陰口という形で、

本人に気づかせてから、他人に注意させている場合も。

直接注意しない上司にイライラ!直接注意しない上司の対処法

①直接言ってくださいと言う
②注意されないようにする

⇒順番に解説しますね。

対処法①直接言ってくださいと言う

言いにくいかもしれませんが、

モヤモヤや不信感を抱きながら、職場で過ごすのが辛い場合は、「直接言ってください」と伝えてみるのも対処法の一つです。

伝え方は慎重に。

一度、あなたの気持ちを素直に伝えてみてはいかかがでしょうか。

上司が、直接注意しない理由は上記の場合もありますが、

あなたの上司がどのような思いで、直接注意しないのかは、実際のところ分かりません。

上司の思いを聞いてみることで、スッキリ解決する場合もあります。

対処法②注意されないようにする

注意されないようにすることも対処法の一つです。

注意されないようにすることで、

間接的に注意される機会が減るので、あなたのモヤモヤも解消されます。

直接注意しない上司との人間関係に疲れたあなたへ

直接注意しない上司との人間関係に疲れたあなたは、環境を変えることも検討してみてください。

相性の悪い人と距離がとれる働き方ができる【リブズ】

転職したとしても職場には、必ず一人や二人、合わない人がいますよね…

どこにいっても人間関係に疲れやすいと感じる場合は、相性の悪い人と自然と距離が取れるリモートワークを検討してみるのもおすすめです。

例えば、リブズなら

  • 未経験OK
  • 年収400万以上
  • 事務職・営業職・企画・デザイナーなどの職種
  • 一部リモートワーク・フルリモートワーク

転職案件が豊富。

自分で検索・応募するタイプの転職サービスです。

リモートワークのメリットは

「嫌いな人と距離をとりやすいこと」「好きな空間で仕事ができること」です。

✔上司との人間関係に悩まなくいい
✔周りを気にせずマイペースに仕事ができる

こういった言葉に少しでも気持ちが軽くなったあなたは、一度、チェックしてみてくださいね。

コロナ禍でも市場が拡大中です

この機会をチャンスととらえて、行動してみてくださいね。

リブズの公式サイトはこちら

関連記事>>リブズの口コミ特徴は?実際に使った感想はこちら

まとめ:上直接注意しない理由は上司の性格が関係している

直接注意しない上司を何名か見てきましたが、

直接注意しない理由には、上司の性格や思いが関係していることが多かったです。

  • 言いにくい事は部下に任せてきた
  • トラブルになりたくないから

このような理由があります。

直接注意しない上司にお悩みのあなたは

①上司の指導方法を受け入れて、できる限り注意されないように努める
②一度、上司と話合う

2つの方法を参考にしてみてくださいね。

直接、上司に言うのは、躊躇してしまう場合もありますよね。

その場合は、身近な上司に相談することからはじめてみるのも、おすすめです。

しかし、指導できない上司のもとで働くことが、ストレスになっているなら、転職をしましょう。

今後、上司が異動するか辞めない限り、この先ずっと、尊敬できない上司に評価され続けることになります。

尊敬できない上司のもとで働くことで、その職場に希望がも持てないのであれば、職場を変える準備をしてくださいね。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました