e2b2df1892362decf90ff6b72b7ca02f

プロフィール

初めまして😊

『毎日が夢中』にお越しいただきありがとうございます。

ブログを運営している30代のhikariです。

まずはじめに、簡単に私の自己紹介をさせていただきます。

hikariの自己紹介

◆30代
◆職歴:事務職→美容部員→美容関係の仕事
◆出身:関西(現在も関西)
◆特技:人の話を聞くこと
◆好きなこと:笑うこと 友達とランチ

私は、今まで、13年仕事をしてきましたが、すべて女性が多い職場で働いてきました。

新卒でお局にいじめられる

「服が職場に合わないから着替えに帰ってきて」

と衝撃的なセリフを言われたのは、今から10年以上前。

私が、社会人1年目に働いてた(事務職)お局様からかけられた言葉です。

いつもとかわらない服装で行っていたこともあって、お局の一言に衝撃過ぎて、どんな言葉を返したのかわからないまま、服を着替えに帰るための道のりをとぼとぼ歩きながら、こんなこと考えていました。

「ここまでいじめを我慢してきたけど、もう限界。もう決めた。仕事を辞める。」

お局からの度重なるいじめにも耐えれず、仕事にやりがいもなかった私は、1年目で仕事を辞めました。

そして、女性上司との付き合い方にとても悩んでいた私が、選んだ就職先は女性だけの職場でした。

女性の職場は怖い?

実際、仕事をはじめた当初は、女性だけの職場の独特のルールと機嫌の浮き沈みの激しい女性上司との付き合い方に戸惑いました。

  • どう接したらいいのかな?
  • 上司の顔色ばかりうかがうのに疲れた。
  • 空気読んで気を遣うことが多くてめんどう。

そんな悩みを抱えていた私ですが、どうしても職場に馴染まなくてはいけない状況になり、女性が多い職場でも上手く立ち回る術を身につけることができました。

同じ会社で5回の異動を経験

私は、美容部員時代、同じ会社で10年間で勤めていましたが、10年間で5回異動し、6つの店舗で働いていました。(5回のうち2回は店舗が閉店したため異動しています。)

1~2年単位で10名ほどの女性ばかりの職場にポンと入り、信頼関係を築き、職場の雰囲気や独特のルールや空気を読むことをしていたので、知らず知らずに女性だけの職場でのなじみ方を身につけていました。

同じ会社でも、働く場所や人が変われば全く違う会社にいるような感覚になることも。

それほど、職場の女性や上司との人間関係は大切なんだと実感することが多々ありました。

これを読んでいるあなたは、私のように何度も職場環境が変わることはないかと思います。

そうなると、なおさら、職場の人間関係に対する悩みが深いのではないでしょうか?

  • 仕事を辞めない限り、苦手に感じている女性とずっとこれからも仕事をして行かなくてはいけない。
  • どちらかが辞めない限り関係は変わらない。
  • 苦手とする相手が上司やお局であれば、相手が辞めることはまず考えられない。
  • かと言って自分もせっかく慣れた仕事を辞める気もない。

『今の状況で、苦手な女性とどう付き合っていけばいいのか?』こういったことでお悩みではないでしょうか。

そうお悩みのあなたに、少しだけ人より多く、女性と仕事をしてきた私が、何かお役にたてることはないかと、このブログを立ち上げました。

女性が多い職場で悩む方を応援したい

13年女性ばかりの職場で過ごしていると、

びっくりするような揉め事もあったし、合わない女性もたくさんいました。

入れ替わりの激しい、職場だったので、「世の中には色んな性格の女性がいるんだな」と本当に関心するくらいの出来事も。

そんな女性だけの職場を転々としていた私が、このブログを立ち上げようと思ったきっかけは、

大切な友人や後輩から、リアルタイムで職場の人間関係の悩みを聞くことがあり、身近な大切な人を含め、同じように『女性が多い職場の人間関係に悩む方の力になりたい』思ったからです。

これを読んでいるあなたは今こんなことで悩んでいませんか?

  • 女性だけの職場の独特のルールがめんどくさすぎる
  • 嫌いな女性上司との付き合い方に困っている
  • 人間関係が複雑だけど辞める勇気が出ない
  • 今の仕事を一生続けないといけないのかな
  • 今の仕事が本当にやりたい仕事なのわからない

過去に私もこのようなことで本当に本当によく悩みました。

そして、職場では、同じような悩みを抱えている女性は、本当に多かったです。

このブログでは、

女性の職場の人間関係の悩み
漠然とした将来の不安  など

『女性が多い職場でよく出てくるお悩み』が解決できるような記事を自分の経験をふまえて書いています。

過去に私も同じように人間関係に悩みました。

その度に、癖のある女性と上手く付き合っている先輩を見て学んで、女性が多い職場でも自分なりに楽しく過ごせる方法を身につけてきました。

そんな経験が一つでもあなたのお役に立てたらとても嬉しいです。

前向きになれることば

このブログを立ち上げる時にブログ名を何にしようかな?前向きになる言葉がいいな~と思い、前向きの師匠☺・さんまさんの名言集を見ていて目に止まったのがこの言葉です。

「いっぺん夢中で生きてみい。毎日が夢中や。」

素敵な言葉ですよね。

生きていると悩みも尽きませんが、悩む暇もないくらい毎日楽しく夢中に生きたいですね。

このブログを訪れたあなたのお悩みが一つでも解消され、心が軽くなって、前向きに「毎日が夢中」に過ごせることを心から願っています。

さいごに一つ

悩みは尽きないものですが、悩んだ時は自分の気持ちに正直になって

いつもあなたが心地のいいと思う選択をしてくださいね。

 

下記に人気記事をまとめました。気になる記事があれば読んでくださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
タイトルとURLをコピーしました